忍者ブログ

セカンドライフを知る


プロフィール

プロフィール画像
HN:
Asaeda Meltingdots
HP:
株式会社メルティングドッツ
性別:
男性
職業:
セカンドライファー
趣味:
オブジェクト作り
自己紹介:
株式会社メルティングドッツ代表取締役。
企業公式ブログと社長ブログを掛け持ちし、SL内のことを好き勝手に叫ぶ。

制作・企画コンサルティング
メルティングドッツ公式サイト

セカンドライフ日本人向け
入会登録ページはこちら

ご連絡、お問い合わせ、取材の依頼はinfo@meltingdots.comまでお願いいたします。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HOME»»[PR]»Second Life»どんどん増える セカンドライフ国内記事
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どんどん増える セカンドライフ国内記事

2006-11-23(Thu)


日経BP ITpro記事

日本語版もまもなく公開,仮想世界「Second Life」の不思議
米GoogleによるYouTubeの買収や,ソフトバンクと米News Corporationの提携よる「MySpace日本版」(関連記事)の発表など,ここのところオンライン・コミュニティ・サービス市場における業界の動きが激しい。そうしたなか,米国で大きな話題を集め,個人だけではなく大手企業も次々と参加しているサービスがある。「Second Life」である。
続き→http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061110/253283/



ITMedia記事
Second Lifeでウイルス騒動
オンラインRPG「Second Life」内にウイルスが出現。自己増殖を繰り返したため、駆除のためにサイトが一時閉鎖された。
続き→http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0611/21/news012.html


日経ビジネス NBOnline
SNS「セカンドライフ」が作る新しいレイヤー
インターネット・コミュニティと地域社会

マイスペース」など、米国の人気SNSサービスの日本版が相次いで公開されます。注目したいサービスのひとつに「Second Life」 があります。自分のキャラクター(アバター)を3Dの仮想世界内で行動させ、同時アクセスしている人たちとコミュニケーションをとったり、さまざまなイベ ントを楽しむものです。多くの人がオンラインで行動するところから「MMO(Massively Multiplayer Online)」と呼ばれます。※編集部注:Second Lifeの紹介記事はこちら
続き→http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20061116/113867/?P=1



CNETJapan
仮想世界「Second Life」を揺るがす「CopyBot」への不安
人気のバーチャルワールド「Second Life」のコンテンツ制作者たちが、あるプログラムが広がることに抗議して、米国時間11月14日、仮想世界のなかで集会を行った。「CopyBot」 という名称の問題のプログラム--ボット--は、仮想の世界に誕生したばかりの経済に大きな打撃を与えかねないと懸念されている。
続き→http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20318207,00.htm


続きはURLをクリックで読んでください。


日本最初の参入メディアは、この中のどれかだろう、と予測をしているが、
一番乗りはどこだろう?


◇今日の人口: 1,585,710
PR

COMMENTする

Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。

COMMENTを読む

TRACKBACK URL

この記事のトラックバックURL

TRACKBACKを読む

「Second Life」を揺るがすコピーロボット出現

CNET 仮想世界「Second Life」を揺るがす「CopyBot」への不安より 議論が熱を帯びるようになったのは、Second Lifeを運営するLinden Labが13日、仮想世界の住人たちにCopyBotの存在について注意を喚起する情報をブログに掲載したのがきっかけだった。CopyBotを使えば、

セカンドライフ!最先端のトレンドをつかもう!

こんにちは、デジタルハリウッド大学院大阪サテライトキャンパスの川合です。 みなさ