忍者ブログ

セカンドライフを知る


プロフィール

プロフィール画像
HN:
Asaeda Meltingdots
HP:
株式会社メルティングドッツ
性別:
男性
職業:
セカンドライファー
趣味:
オブジェクト作り
自己紹介:
株式会社メルティングドッツ代表取締役。
企業公式ブログと社長ブログを掛け持ちし、SL内のことを好き勝手に叫ぶ。

制作・企画コンサルティング
メルティングドッツ公式サイト

セカンドライフ日本人向け
入会登録ページはこちら

ご連絡、お問い合わせ、取材の依頼はinfo@meltingdots.comまでお願いいたします。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HOME»»[PR]»Second Life»セカンドライフでボイスチャット
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

セカンドライフでボイスチャット

2007-01-26(Fri)


セカンドライフ上でのボイスチャットシステムが開発中のようだ。

相手がボイスチャットを備えていることがすぐわかり、
特に特別な操作やアプリケーションを起動しなくともすぐに会話が始められるようなものを作っていて、人混みの中を通れば、周囲の人々の会話がそれぞれの距離感から聞こえるような仕組みにするとのこと。


コミュニケーションプラットフォームとして考えると、これほどリアル世界に近づける機能は他にはない。

ただ、日本人がプレイするオンラインゲームとして考えると、嫌がる人はいるだろう。本名を登録することがほとんどないように、日本人は匿名を好む。自分の声がネット上に流れることを考えたらますます嫌だろう。


未来予測をすると、
日本が鎖国化して時代遅れなチャットの国になるか、これを機に日本人のスピーキング能力が向上し、WEBでもリアルでも国際的な力をつけるか、のどちらか。


現実的な考え方をすると、スピーキングの勇気を持った人が鎖国意識のユーザーを見捨て、グローバル社会にでていく。そういう人たちが日本を支えることになる。


・・・んじゃないかなぁ。


◇今日の人口: 2,938,614
PR

COMMENTする

Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。

COMMENTを読む

TRACKBACK URL

この記事のトラックバックURL

TRACKBACKを読む