忍者ブログ

セカンドライフを知る


プロフィール

プロフィール画像
HN:
Asaeda Meltingdots
HP:
株式会社メルティングドッツ
性別:
男性
職業:
セカンドライファー
趣味:
オブジェクト作り
自己紹介:
株式会社メルティングドッツ代表取締役。
企業公式ブログと社長ブログを掛け持ちし、SL内のことを好き勝手に叫ぶ。

制作・企画コンサルティング
メルティングドッツ公式サイト

セカンドライフ日本人向け
入会登録ページはこちら

ご連絡、お問い合わせ、取材の依頼はinfo@meltingdots.comまでお願いいたします。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HOME»»[PR]»Second Life»セカンドライフはインターネットと同じ道をたどるのか?
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

セカンドライフはインターネットと同じ道をたどるのか?

2006-11-06(Mon)

1990年にワールドワイドウェブの概念が誕生して以降、15年以上が経過している。

最近でてきたメタバースの世界はその革新性において、
WWW登場時と比較されることが多々ある。


当時のWEBは研究者やコンピュータオタク以外には注目されず、
その特殊さゆえ、不便極まりないものであた。

IRCなどの新技術の登場により、インターネットは一気に広まった。
当時のウェブの基礎を作り上げた人々の貢献にのっかる形で、
ビジネスマンやマーケッターが一斉に乗り込みはじめた。
WWWは一気に普及し、様々な企業、個人がホームページを作り、
何億ページものデータがWWWにあふれでた。

その後、ビジネス方面の発展により、
スパムメールや、バナー広告が取り入れられたことは言うまでもない。


さて、セカンドライフは現在3年目、ユーザー登録が100万人を突破した。
いわゆるビジネス方面に流れる転換期だ。
(営業のときに「100万人もユーザーがいます!」って言いやすいからかな?)
このことから、セカンドライフにもスパムやバナー広告が取り入れられる日もそう遠くはないだろう。

ただ、インターネットの後追いだけでいいのか?ということに疑問を感じる。
ここでしかできない、インターネットの10年を見てきて覚えた知識をフル活用して、
新しい試みに挑戦したい。


◇今日の人口: 1,269,019
PR

COMMENTする

Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。

COMMENTを読む

TRACKBACK URL

この記事のトラックバックURL

TRACKBACKを読む