忍者ブログ

セカンドライフを知る


プロフィール

プロフィール画像
HN:
Asaeda Meltingdots
HP:
株式会社メルティングドッツ
性別:
男性
職業:
セカンドライファー
趣味:
オブジェクト作り
自己紹介:
株式会社メルティングドッツ代表取締役。
企業公式ブログと社長ブログを掛け持ちし、SL内のことを好き勝手に叫ぶ。

制作・企画コンサルティング
メルティングドッツ公式サイト

セカンドライフ日本人向け
入会登録ページはこちら

ご連絡、お問い合わせ、取材の依頼はinfo@meltingdots.comまでお願いいたします。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HOME»»[PR]»Second Life»「セカンドライフ」ブーム、もう終わり!? (ゲンダイネット)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「セカンドライフ」ブーム、もう終わり!? (ゲンダイネット)

2007-07-22(Sun)

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/comp/secondlife/story/22gendainet05017837/

「セカンドライフは、インターネットのできる環境で、専用のソフトウエア(無料)さえダウンロードすればできるという手軽さが魅力でした。ところ が、自宅で使うPCでは、CPU(中央演算処理装置)の性能やハードディスクの容量などが不足していて、自分の分身の画像を動かすのに時間がかかる。その ためイライラして、顧客が思ったより伸びなかったのです」(IT情報通)

 仮想社会で儲けて、米ドルに換金するハウツー本なども出ているが、こちらも簡単ではない。

「あくまでもセカンドライフは、コミュニティーツールのひとつ。自分の分身を通してチャットが楽しめるというのが本筋です。それ以上のことをするに は投資が必要で、時間もかかる。はっきり言って、専門家でないと無理です。しかも仮想社会では、英語やイタリア語など世界中の言語が飛び交うので、語学力 がないと厳しい」(IT業界に詳しいジャーナリスト・滝田誠一郎氏)

 日本でも飽きられるのは時間の問題かもしれない。



ハードディスクは他のMMORPGより圧倒的に軽い。
語学力はメルティングドッツから始めると必要がない。

「それ以上のことをする」人が一定数になった時に、変わるのかな、と思ってます。
あと1年、2年後が楽しみです。


PR

COMMENTする

Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。

COMMENTを読む

私も。

この記事みました。

これを書いた記者はなんもわかってねーな。と。
語学力?(°Д°)ハァ?みたいなw
Japaneaseがデファクトスタンダートだとおもうな(σ・∀・)σYO
いまや世界共通語はEnglishだ。(フランスとかヨーロッパは別としても・・・)

>ハードディスクの容量などが不足していて、自分の分身の画像を動かすのに時間がかかる。

痛い・・・痛すぎる文章だ。。。
画像処理するのはグラフでしょwオンボードでもいいのはつんでるし、だめだったらいいグラフ買えばいいだけの話。

IT環境の投資を惜しんでるようじゃ、これから先は何もできないよ。ちょっと前までは、Flash禁止!CSS禁止!とかだったのにw

それ以上のことを出来る人が増えるといいな。

TRACKBACK URL

この記事のトラックバックURL

TRACKBACKを読む

「セカンドライフ」ブーム、もう終わり?

「セカンドライフ」ブーム、もう終わり!? (ゲンダイネット)TVや雑誌でガンガン話題なのが、米国発のインターネット3D仮想世界「セカンドライフ」。IBMや日産、アディダスといった有名企業も続々と“出店”し、日本語版の試験提供もスタート。まさにこれからといった感