忍者ブログ

セカンドライフを知る


プロフィール

プロフィール画像
HN:
Asaeda Meltingdots
HP:
株式会社メルティングドッツ
性別:
男性
職業:
セカンドライファー
趣味:
オブジェクト作り
自己紹介:
株式会社メルティングドッツ代表取締役。
企業公式ブログと社長ブログを掛け持ちし、SL内のことを好き勝手に叫ぶ。

制作・企画コンサルティング
メルティングドッツ公式サイト

セカンドライフ日本人向け
入会登録ページはこちら

ご連絡、お問い合わせ、取材の依頼はinfo@meltingdots.comまでお願いいたします。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HOME»»[PR]»Second Life»国内事例続々
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国内事例続々

2007-03-07(Wed)

たまには国内事例も紹介。
一気に参入ラッシュ。ただし企業ばかり。


日本でもSecond Lifeでの音楽プロモーション始まる--第1弾は吉井和哉
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20344720,00.htm


Second Life内でもドロップシッピング--ClubT、デザインギャラリー開設
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20344609,00.htm


Second Lifeのクチコミ情報サイトが開始--有益な投稿には賞金
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20344558,00.htm


ミクシィもSecond Lifeに進出--新卒採用活動を展開
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20344197,00.htm



企業ばかりというのを懸念してか、

このような記事も書かれている。


ユーザーがいないのに企業ばかりが参入していることに
危機感があおられているが、


ユーザーがいないのに企業が参入している、ではなく、
ユーザーが集まりだす前(つまり爆発前)に備えて
企業が参入しているのだ。

そしてそれをいち早くメディアが取り上げている。


それだけのことです。
セカンドライフはバブルでもなんでもありません。


◇今日の人口: 4,382,474
PR

COMMENTする

Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。

COMMENTを読む

TRACKBACK URL

この記事のトラックバックURL

TRACKBACKを読む

Second Life参入前に、広告担当者が読んでおいたほうがいい「6つの質問」。

iMedia Connection: Is Second Life Right for Your Brand? 話題のオンライン仮想世界「セカンドライフ」。 大手の広告主が相次いで、プロモーションのためのスペースを設けていますが、 この記事では、そういった広告主に対して、 「仮想スペースに進出

Second Life(セカンドライフ)はじめました

オタクでゲーム好きの私も、実はネットゲームはやったこと無かったのですが、この度Second Lifeなるものを初めてみました。とりあえずまだわかんないことだらけだけど、服をてきとーにいじったり、カツラ買ったりして着替えて遊んでました。これからは自分のオリジナルアバター作ったり、いずれはお店とかも持ちたいなぁ。 精確には、セカンドライフはフツウのネットゲームとちょっと違います。 「インターネット上の3次元の仮想世界のなかで、アバター(自分の分身)が他のアバターとチャットをしたり、モノを作った...

セカンドライフービジネス活用研究 その1

ゲームとしてのセカンドライフにはかなりがっかりしてしまった(11月17日記事「現実社会だったセカンドライフ」)が、会社のマーケティング担当者としては、セカンドライフ、というかネット上に現には日本版もオープンということで日系の参入企業も増えており、企業とし